読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リンカーン日誌

或る量的遺伝学者のテニュア取得までへの道

UC Davis Bioinformatics Training Program: 2日目

この記事はUC Davis Bioinformatics Training Programに参加してきたの2日目の参加記になります。

UC Davis Bioinformatics Training Program: 1日目

この記事はUC Davis Bioinformatics Training Programに参加してきたの1日目の参加記になります。

UC Davis Bioinformatics Training Program: 0日目

この記事はUC Davis Bioinformatics Training Programに参加してきたの0日目の参加記になります。

UC Davis Bioinformatics Training Programに参加してきた

先週はUC Davis Bioinformatics Training Programへの参加のためにカリフォルニア大学デイビス校を1週間訪れていました。この大学の起源はカリフォルニア大学バークレー校の農学専門学校としてまで遡り、その後1959年にカルフォルニア大学デイビス校として独…

研究室のウェブサイト

自分のウェブサイトをGitHub上に移行しました。巷で流行っているGitHub Pagesを利用しています。自分の研究室のウェブサイトはこちらになります。またソースはこちらです。トップページはなるべくシンプルになるよう心がけました。

進化量的遺伝学の短期集中講義

ネブラスカ旅行の前週は、アリゾナ大学から招待されたBruce Walshによる「進化量的遺伝学」の講義がウィスコンシン大学マディソン校にて5日間に渡って開講されました。毎日朝8時半から夕方5時まで丸一日です。彼の名はFalconer and Mackay (1996)と共に量的…

リンカーン旅行記 - 住居探し篇

5月の最終週は去年の面接以来初めてネブラスカ州リンカーン市を訪れました。目的は新天地での住居探しと新たな同僚への挨拶です。後者は今すぐには必要ないと思われる自分の研究関連の本の移動を兼ねていました。さすがにすべての持ち物を一度に車に収納する…

初めての就職活動顛末記

すべての事の始まりは昨年の夏にボスから届いた1通のメールでした。ちょうど自分はミシガン州にてインターンの最中でしたが、ドイツ滞在中のボスから「今年は数校がテニュア・トラック職を募集している。実際に採用されるかどうかは未知数だが、今のお前は有…

このブログについて

このブログはネブラスカ大学リンカーン校に所属するGMが執筆しています。基本的には大学院留学時代の軌跡を記した動物遺伝系大学院留学記 - ウィスコンシン大学マディソン校に進学した或る量的遺伝学者の留学記の続編ですが、今後は留学生ではなく駆け出しの…