読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リンカーン日誌

或る量的遺伝学者のテニュア取得までへの道

最も多く読んだジャーナルのリスト - 2012年度・2013年度・2014年度

こちらこちらの記事に触発されて自分が過去に論文を多く読んだジャーナル(論文誌)名を年度毎にまとめてみました。残念ながら修士課程時代の記録はないのですが、博士課程に入学した2012年度からは読んだ論文を記録として残してあります。下記に上位10誌を挙げてみました。同順位の場合はアルファベット順に並べています。

2012年度

1. Genetics
2. Journal Dairy Science 
3. Genetics Selection Evolution 
4. PLOS ONE
5. PLOS Genetics 
6. Bioinformatics 
6. Journal of Animal Science 
8. Nature Reviews Genetics 
9. Nature Genetics 
10. Genetics Research 

2013年度

1. PLOS Genetics 
2. Journal Dairy Science
3. Journal of Animal Breeding and Genetics 
4. PLOS ONE 
5. Frontiers in Genetics
6. G3: Genes, Genomes, Genetics 
6. Genetics 
6. Genetics Selection Evolution 
6. Nature Reviews Genetics 
10. The American Journal of Human Genetics 
10. Genome Biology 

2014年度

1. PLOS ONE
2. Journal of Animal Breeding and Genetics 
2. PLOS Genetics 
4. Bioinformatics 
5. BMC Genomics 
6. BMC Bioinformatics 
6. Genetics 
6. Heredity 
6. Livestock Science 
10. Genetics Selection Evolution

特筆すべきことは2012-2013年度に第2位に位置していたJournal of Dairy Scienceが2014年度は圏外になったこと、またGenetics, PLOS Genetics, PLOS ONE, Genetics Selection Evolutionが手堅く3年間で比較的上位にランクインしていることでしょうか。確かにこれらの4誌はどれも3年間で必ずランクインしています。10年ほどデータを取ってみて自分の嗜好がどのように変化していくのか観察してみるのも面白そうです。今年の年末年始には2015年度版を公表したいと思います。