読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リンカーン日誌

或る量的遺伝学者のテニュア取得までへの道

アラバマ大学バーミングハム校滞在記

出張

先日は月曜日から水曜日までアラバマ大学バーミングハム校の生物統計学科内に存在する統計遺伝学グループを訪れていました。この辺りに足を運ぶのは去年訪れたテネシー州以来になります。ちょうどリンカーンでは吹雪のために月曜日は大学が休校になった時でしたので、暖かい南部に逃げる形になりました。

アラバマ大学バーミングハム校はダウンタウンに隣接または一部を共有する形で立ち並んでいます。メディカルセンターを中心に大半のお金が生物・医学系に流れる大学なので、その関係の学科を抱える建物を多く目にしました。ネブラスカ大学ではメディカルセンターがリンカーンではなくオマハに位置するので、ネブラスカ大学リンカーン校とはまた少し異なる雰囲気でした。

こちらが生物統計学科を抱えるRyals Public Health Buildingです。

f:id:chikudaisei:20150203085715j:plain

横からの写真。

f:id:chikudaisei:20150204092548j:plain

滞在中は朝から夕方まで研究を中心にグラント・大学院生・ポスドク・講義の話に花を咲かせました。食事ではJim 'N Nick's Bar-B-Qで南部料理、Sitar Indian Cuisine インドカレー、Pho Phoという名の開店して2日目のベトナム系レストランへ訪れました。

今後も積極的に色々な場所へ足を運び、共同研究の輪を広げていきたいと思います。